石川県金沢市に辻口博啓がつくる新しい製菓専門学校が開校!

アクセスマップ 企業の方へ 卒業生の方へ 学生保護者専用掲示板

校長メッセージ

校長メッセージ 私がパティシエを志したのは小学校3年生の時。 クラスメイトの誕生日会に招待され、始めてショートケーキを食べた事がキッカケでした。 和菓子屋の2代目として生を受けた私は、それまで洋菓子を食べた事が無く、始めて食べるその味が衝撃的に美味しかった事を今でも鮮明に覚えています。

高校を卒業後、上京してから今まで一人のパティシエとして懸命に努力を重ねてきました。 私には人よりも秀でた才能があるとは考えていません。 ただし、努力をする才能だけは誰にも負けないと自負しています。自分の名前と作品を多くの人に知ってもらう為にコンクールにも参加し、光栄な事に名誉な賞も多く獲得する事が出来ました。その努力の成果と多くの方々に支えられた結果が今日の私に現れていると考えています。

2012年4月に、自身の故郷である石川県、尾山神社を望む金沢市南町に「スーパースイーツ製菓専門学校」を開校しました。今でも多くのスタッフに支えられて経営していますが、お店にとって人材は宝です。その宝を、原石の状態から自身の手で育てられる事に喜びと共に大きな責任を感じています。 自身の経験やノウハウを惜しみなく使い、業界で「今」必要とされる情報、常識、技術、知識を伝えていきます。

「和をもって世界を制す」これは私の座右の銘です。 和の伝統が根付いた石川県から私が監修したカリキュラムで学んでもらい、世界に通用するパティシエを育て、日本の洋菓子業界の発展に寄与していくことが自身を育ててくれた故郷への最大の恩返しになると考えています。校長という大役を真摯に務めていきたいと考えております。

スーパースイーツ製菓専門学校
学校長 辻口 博啓